最近の

2018年 4月 8日


今年の冬は雪が多くて多くの被害が出ましたね。
大工集団 欅でも喫茶店前の道路の舗装を除雪のため捲ってしまいましたし、洋菓子Keyakiの完成も遅れました。
それよりも、庭の桜の枝が何本も折れてしまいました。


それでも残った枝には可憐な花を咲かせています。

先日、折れた枝を剪定したのですが、伐った枝にも蕾を持っており、可愛そうにと店やデッキに活けました。
それでもまだあるので、知り合いに配りました。

『桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿』と言いますが、今年の大工集団 欅は馬鹿です。

注釈
桜は枝を切るとそこから腐りやすくなるので切らないほうがよく、梅は枝を切らないとむだな枝がついてしまうので切ったほうがよいとされます。





2018年 4月 7日


我が家では猫の十月、ヤギ親の彦麻呂・弥生・皐月、金魚の赤・白を飼っています。
つい先日、ヤギの子が3月29日に2頭、4月1日には3頭生まれました。

動物を飼っていると可愛さや、心の疎通を感じて驚いたり・・・。
例えば、十月は家内が風邪で寝込むと寝室のドアの前で心配そうに座っています。
ヤギたちは名前を呼ぶと振り返ってこちらを見ます、近寄ってきます。
ただそれだけなのに・・・、嬉しくなっちゃうんですよね。

でも、動物を飼っていて悲しいことがあります。
それは、人は大抵の動物よりも長生きだと言うことです。
生活を共にしてきたペットが死んでしまうのはとても悲しい。

たった数日しかいなかったペットでも悲しい。
ヤギのタチネが死んでしまった。
獣医によると先天性の疾患があったらしい。

皐月から生まれた3頭は皆♀でした。
目の上に黒い毛がある子はマユ、お尻に黒い毛がある子はヒップ、そして立ったまま寝ていた子はタチネと名付けました。
3つ子は体が小さく、特にタチネは小さかった。


小さなタチネを守るように両側にいるのはマユとヒップです。

タチネが震えるようになりリビングに入れました。
今年生まれた子でリビングに入ったのはタチネだけだったんだよ。
猫の十月も心配そうに見ていたよね。


でも、ミルクは飲んでくれていたから助かると思っていたんだけど・・・。


家内が泣きながら「タチネが今死んだ・・・」とTELをくれたときは・・・。

7日しかいなかったけど悲しい。
小さな命でした。





2018年 4月 3日


子ヤギが生まれて、2日に北国新聞の取材を受けました。
翌日記事を掲載してもらいました。


出産は母親の弥生と皐月にとっては一大イベントなのですが、私達にとっても大きな出来事です。
毎日子ヤギたちの体調を見なければなりませんし、哺乳瓶で授乳しなければなりません。
子ヤギたちが哺乳瓶をチューチュー一生懸命に吸っている姿を見ると、『こんな小さな生命でも生きるのに一生懸命なんだ』と気づきます。

今年は5頭が生まれました。
♂は「太郎」「次郎」、
♀は「まゆ」「ヒップ」「たちね」と名付けました。

親ばかのようですが、どの子も可愛い。
牡親の彦麻呂がハンサムだからなのでしょうね。

ヤギを飼いたいと思っていただける人がおいでましたらご連絡ください。
 電話 076-255-5878





2018年 4月 2日


ヤギの出産が続きます。
今夜は皐月です。

バナナを食べたので、皮をヤギに食べさせようと持って行ったところ・・・、出産部屋にいた皐月が出産していました。
難産を経験している皐月ですから驚いたのですが、今回は大丈夫でした。
大きなお腹をしていたので3つ子かもと思っていたのですが、やはりそうでした。
家内が駆けつけて生まれた子達の世話をしました。


3頭とも元気です。
体の所々に黒い毛が生えている子もいてとても可愛い。

とにかく無事に生まれて良かった。

先に産んだ弥生親子は出産の翌日には天気も良かったのでお庭デビューをしました。


喫茶大工集団 欅にご来店頂いたお客様にはご覧いただいております。





2018年 3月 30日-2


昨日はSPレコードを金沢蓄音機館に寄付をしてきました。
200枚位はあったでしょうか。
ほとんどがクラッシックの盤でしたが、中には第四高等学校の寮歌が録音された物もありました。


皆さんはSPレコードってご存じでしょうか。
今私達が聴いているレコードはLPレコードです、コレは33回転です。
LPレコードが出る前のレコードがSPレコードでした、78回転で再生します。
大きさはLPレコードとほぼ同じ大きさです。
1950年代後半まで生産されていたそうで、その後はLPレコードとなりました。
ですから、蓄音機で再生されていました。

日本のSPレコードは殆どが民謡・浪曲・歌謡曲だったそうで、クラッシックの物は少ないそうです。
確かにそうでしょう、当時家庭でクラッシックを蓄音機で聴ける人は多くなかったと思います。
金沢蓄音機館でお聴きになってください。
残念ながら私は蓄音機を持っていないので聴けませんでした。





2018年 3月 30日


「いつ産むのだろう」、「もう、そろそろ・・・」、「まだー・・・」と家内と話していたヤギの皐月が昨日出産しました。


昨日は木曜日で大工集団 欅の定休日でした。
外出しなければなせず、念のため弥生を出産部屋に入れて外出しました。
帰ってすぐに弥生を見に行くと・・・、お母さんになっていました。
生まれた子達は弥生が丁寧になめたのでしょう体は綺麗になっていました。
4度目の出産ですから彼女も慣れたものだったのでしょうね。

生まれた子は2頭とも♂でした。
名前を太郎と次郎としました。
でも・・・、どちらが太郎なのか、次郎なのか分かりません。





2018年 3月 19日


今ではレコードを聴く人も少なくなりましたね。
私は今でも時々聴いていますが、それでもPCからの再生がほとんどです、簡単ですからね。
でも、数年前よりアナログレコードの人気が再燃していることは知っていました。
昨日も新聞にソニー・ミュージックエンタテインメントが、29年ぶりとなる復活第1弾のレコードを2タイトルを発売すると出ていました。
アナログレコードの自社生産を復活させたのです。


昨今はスマホなどを使いストリーミング再生で音楽を楽しむ定額制音楽配信サービスが浸透しつつありますが、その一方で、針を落として再生するアナログレコード特有の温かみのある音質が見直されてきたのでしょう。
やはり人間はアナログなのでしょうね。

そこで今日は私の嫌いなレコードというか、レコード会社について書きます。
アナログブームの中にはヴィーナスレコードのハイパー・マグナム・サウンド・シリーズも含まれています。
エディ・ヒギンズ(Eddie Higgins)、スティーブ・キューン(Steve Kuhn)、デビッド・ヘーゼルタイン(David Hazeltine)、etc. 私の好きな多くのアーティストがヴィーナスレコードよりアルバムを出しています。
このレーベルは音がよいので評判です(?)。
最初聴いた時は、そのメリハリある音に『最新の録音は凄い』と思ったものです。
それで、しばらくは楽しかったのですが、ヴィーナスレコードを色々聴きこんでいくうちに、このヴィーナス・サウンドが耳につくようになりました。
音が作られていることが分かるのです。
『こんな演出過剰音は醜い。』という思いが出てきたのです。
そしていざ音が気に入らなくなって演奏に耳がいくようになると、これまた内容が気に入らないのです。
ヴィーナスのプロデュース方針が気に入らないのです。
『本当にジャズマンの意向に沿ったものなのか?単に一部の日本人ジャズファンの意向を無理強いしているだけじゃないのか?』という思いがしてきました。
それは事実でしょう、何故なら、妙に誇張した音がするからです。
結果そこにあるのは浅く狭いものなのです。
ミュージシャンの思いがこもった音ではなくなっているのですから、感動もありません。

そもそもヴィーナスレコードはCDもそうでした。
「最近の録音って、ちょっと低音多すぎじゃね?」古くからのジャズファンで、昔ながらのオーディオ装置を使ってる人が、ヴィーナスレコードのCDをかけると、ドバドバ出てくる低音に苦労することがある・・・、というか、わたしもさんざん苦労しました。
ヴィーナス・レコードが出すCDは、ハイパー・マグナム・サウンドとかいって、もうどれもこれも音が大きく低音ボーボーで、困ったものです。

まっ、そんなわけで私の中のヴィーナス・ブームは一挙に冷めました。





2018年 3月 16日


大工集団 欅では『喫茶大工集団 欅』を経営しています。
今日は喫茶店につきものの珈琲についてお話しします。


珈琲(喫茶大工集団 欅ではコーヒーとは書かずに珈琲と書きます)は私たちの生活でとっても身近な飲み物ですが、あなたはどんなときに珈琲を飲みたくなりますか?
「朝の目覚めの一杯に」
「食後の一服に」
「リラックスしたい時に」
理由はそれぞれあるかもしれませんが『日常生活には欠かせない』という方も多くおいでることだと思います。
では、『珈琲豆』とはどのようなものなのか、皆さんご存知でしょうか?
全世界約60ヵ国で生産されています。
珈琲豆と言っても、現在、全世界で栽培されている珈琲豆の種類は、およそ200種類を超えていると言われています。
主な生産国はブラジル、コロンビア、インドネシア、ケニアなど赤道直下の国が多く、珈琲豆はそれぞれの栽培地の風土や気候にあった方法で生産されている為、それぞれ形や味、香りなどが微妙に変わってきます。

そんな珈琲豆ですが、実は『豆』として木になっている訳ではないことはご存知でしたか?
実は、アカネ科の植物であるコーヒーノキの果実の中に入っている『種』(たね)なのです。
コーヒーノキは、白くてかわいい花が咲いた後、緑色の実になり、やがて実が完熟すると緑色から写真のような真っ赤な実に変化します。
その中の種を取り出し、高温で焙煎することで、私たちがよく目にする『茶色い珈琲豆』になるのです。
では、ここからは珈琲が持つパワーをいくつかご紹介していきたいと思います。

珈琲で眠気が覚めると言われますが、本当でしょうか?
カフェインは眠気防止に良いと聞いたことがありますが、なぜ 眠気が覚めるのかはご存知ですか?
脳の中で働く睡眠物質のひとつに「アデノシン」があります。
アデノシンは「神経」を介して、脳の活動を抑えたり、睡眠の中枢に働いて脳全体を眠らせたりする働きがあります。
その為、アデノシンが脳にたまってくると、眠気が強くなります。
カフェインには、そのアデノシンが神経細胞に作用することを邪魔し、眠気を減らす働きがあると言われているようです。
カフェインの作用は取後、約30分から2時間がピークだそうです。
せっかく珈琲を飲むのなら、時間を理解した上で賢く利用したいですよね。
「カフェイン」や「クロロゲン酸」は血糖値の上昇を抑え、血糖値を下げるインスリンの効果を上げることにより、糖尿病予防になるのではないかと言われています。

では、二日酔いには珈琲は効くのでしょうか?
二日酔いの時に発生する吐き気や頭痛は、肝臓がアルコールを分解する過程で出る「アセドアルデヒド」が体内で発生した後、脳にいきわたり、脳の血管を拡張して『ズキズキ』という痛みを起こすのだそうです。
珈琲に含まれるカフェインには血管を収縮する働きがあると言われ、二日酔い独特の頭痛をやわらげ、珈琲の利尿作用によって体内のアセドアルデヒドを早く追い出すことができると期待されています。

珈琲はガンの予防にも効果があると言われています。
脂質が酸化してできた過酸化脂質は、「フリーラジカル」という物質を発生し、老化やがんの原因になると考えられています。
珈琲には強い抗酸化作用を持つ「クロロゲン酸」が含まれており、脂質の酸化を抑える働きにより、がん予防になるのでは、と注目されています。





2018年 3月 14日


私は37年前、貴方の著した『ホーキング、宇宙を語る』を読んで感動し、それ以来貴方のファンです。

2016年4月には、光速の5分の1の速度で飛ぶ超小型探査機を開発し、太陽系から最も近い恒星「ケンタウルス座α星」まで飛ばして惑星や生命体を探す計画を発表されましたね。
人類、全ての人が夢わくわく、感動したのではないでしょうか。

数年前のニューヨークでの記者会見で、「太陽系にもいずれは寿命が来るため、人類が生き残るには他の星に住むしかない」と述べられた。
それはいつになるのか、1万年後、100万年後・・・、1億年後かもしれないが、今現在、そんなことを真剣に考え、実行しているのは貴方だけでした。

スティーブン・ホーキング博士が死去した。


(写真は「Technology, Travel, Adventure, Fiction Articles」より)

イギリスBBC放送が今日、ホーキング氏の家族の広報担当者の話として報じた。
76歳だった。

ホーキング博士は、「車いすの天才科学者」として知られ、ブラックホールの研究などで多くの業績を残しました宇宙論の権威です。
筋委縮性側索硬化症(ALS)と闘いながら、独創的な宇宙論を発表し続けた。

今日、一人の偉大な人類が宇宙の彼方へ旅立ちました。


合掌





2018年 3月 5日


今日は久々にジャズのアルバムの話を書こうと思います。

昨日もお客様から「ジャズを聴こうと思うのだが何を聴いたらよいか分からない」と言われました。
この質問は時々あります。
そんな時、私は「ビル・スバンス(Bill Evans)がいいと思います」とお答えしています。
するとたいていは「ビル・スバンスのどのアルバムが良い?」と聞かれます。
「何でも良いですよ」とお答えします。
無責任なようですが、『ビル・エバンスに駄作なし』と言われているとおり、どのアルバムを買われても後悔しないと思います。
「あえて1枚と言えば何ですか?」と再質問されたなら、
「『Waltz For Debby』、もしくは『Consecration The Last Complete Collection』ですね」とお答えしています。
『Waltz For Debby』は以前にも書きましたので、今日は『Consecration The Last』、関連して『Consecration The Last Complete Collection』、『The Last Waltz』を書きます。


まず、Bill Evansは1980年9月14日、NYCマウント・サイナイ病院で、肝硬変と肺炎のために亡くなりました。
この作品は、その死後9年後に発表された死去直前の1980年8月31日~9月7日の、サンフランシスコのキーストン・コーナーでの演奏記録です。

Evansは、およそ駄作という物の少ないピアニストとされています。
そのEvansの生涯最高傑作は何かというと、有名なScott Lafaro・Paul Motianとの1959年から60年にかけての諸作、60年代後半のモントルーのライヴ盤、1965年のソロ演奏『Alone』辺りが定説となっていました。
一方、この作品で聴けるMark Johnson、Joe LaBarberaとのトリオは、Bill Evans生前のインタビューでの「Scott LaFaro、Paul Motianのいた頃に匹敵する」という談話があり、Evans没後少しして出た『Paris Consert』というライヴ盤、実際にこのトリオの演奏を聞いたファンの評判によって、「意外な好調期」という扱いになっていました。
しかし、いかんせん実際に聴ける音は前述『Paris Consert』しか無く、その実態は不明でした。

そういう状況が長い間続いた1989年、Evans死去直前のそのトリオの演奏記録が発表されました。
キーストーン・コーナーのオーナーが私家録音した音源からLP盤2枚組に抜粋、日本のAlfa Jazzから発表されたその『Consecration The Last』という作品は、それ以前のBill Evansのイメージを一気に変えてしまったと思います。
それまでのBill Evansには、クールで内向的なイメージがあったのですが、この作品では、明快でものすごくパワフルで、ダイナミックレンジが圧倒的に広い、心に迫るような力を持った演奏を聴くことができます。
とにかく熱い演奏です。
その激しさは、Evansが突っ走り他の2人はそれにぴったり付いてゆく、というようにすら聴けるほどです。
歴代Bill Evansトリオは演奏者同士の緊密なやりとり「インタープレイ」で有名だったはずなのに・・・。
Evansが突っ走ってるみたいと書きましたが、テンポ・強弱・キーの変化、ソロの展開とバッキングなどでの、このトリオの一体感はくらくらと幻惑的なほどです。
特に、Evansの先を読み切っているようなベースのMark Johnsonのプレイは、聴き所のひとつでしょう。

発表後、『Consecration The Last』は、ジャズ・ファンから圧倒的な支持を受け、次いでオリジナル曲を中心にまとめられた『Consecration 2』が、そしてこの時の演奏を演奏日別に収録した8枚組『Consecration The Last Complete Collection』、更にその後新たに発掘された昼の部の8枚組『The Last Waltz』が発売されました。
この2組の8枚組のCDでは、同じジャズクラブでの1週間の記録ということもあり、若いころのScott Lafaro・Paul Motianとの黄金トリオのレパートリーや、後年演奏するようになったファンお馴染みの曲、このトリオでしか聴けない曲などが、何回も何回も次々に繰り返されます。
Mark Johnsonはこの期間、日に日に弱っていったEvansを、「このままでは死んでしまうと、演奏しながら心の中で叫び続けていた。毎日顔を合わせる度に病院へ行くようお願いして、結局最後に病院に運んだけど、医者があきれるぐらい手遅れだった」と語っています。
8日間の演奏は、そんなエピソードが全く信じられないぐらいの絶好調そのものです。
音楽そのものが音楽だけで素晴らしい、渾身の名演です。
しかし、あまりに情熱的なその演奏に、この作品が鳴っている間どうしても「最後の・・・」というキーワードが頭から離れません。
死を悟って、自分のピアノに最後の最後まで忠実であろうとした、録音予定も無いはずだった最後の演奏。
それ故にこの演奏を冷静に聴くことができないファンは多いと思います。

16枚は全部が全部素晴らしく、そういう意味では16枚全部同じとも言えます。
でも、Evansファンでまだ聴いたことが無いという人には、Evans生涯の最高傑作として16枚全部をお奨めします。
「Bill Evansって誰?」という人も、編集盤ぐらいは聴いてみて損はありません。


最後にアルファから出た8枚組『Consecration The Last Complete Collection』、この盤は前にも書いたとおりキーストーン・コーナーのオーナーが私家録音した音源からLP盤2枚組に抜粋したものなので、オフマイク気味のベースや少しホワイトノイズも聞こえる等については不満があるかも知れない。
後にリマスター盤も出ましたが、私の聴こえ方ではこの盤の音の方がそういった瑕疵があるものの、伸びやかさや鮮度感があり、Evansが聴衆に向かって最後まで誠実に演奏する歓びを知ることができる音楽的密度の高い驚愕のラストライブのではないかと思います。
Evansは拍手に客の興奮ぶりを感じ取っていたのではないでしょうか。
デジタルテクノロジーにも時代的変遷があるのでしょう、現在流通している物で聴くしかないのが悲しいけれど、今までの加工を施したリマスターより優れた、新しいオリジナルマスターからの音の良いリマスターを待望します。




2018年 2月 25日


長い間ご無沙汰していました。

今日の話題はオリンピックです。
まず最初に昨夜行われた女子カーリング、3位決定戦です。
日本代表、銅メダルおめでとう。
「そだねー」


(写真は産経新聞より)

昨夜はテレビにかじりついて見ていました。

立ち上がりから、お互いに有利な後攻で1点しか取れない我慢の展開で、常にイギリスが先行していた。
第8エンドに、日本は後攻で1点を取るにとどまったが、同点に追いついたので『これはいけるかも・・・・』と思いました。。
そして不利な先攻の第9エンド、相手スキップのイブ・ミュアヘッドが最終投で日本のストーンをはじき出そうとしたが失敗して、1点を勝ち越した時には『勝てる』と確信しました。
ところが、第10エンドはもつれましたね。
イブ・ミュアヘッドの最終投次第では逆転負けのシーンとなったときには『万事休すだ』と思ったものです。
ところが・・・、彼女の最終投は意外にも日本のストーンをはじき飛ばす作戦でした。
しかもそれが失敗。
いやはや、こんなこともあるんですね。
相手の失敗で勝ったと思われる人もおいでるかもしれませんが、あの試合はそうではなかったと思います。
日本スキップの藤沢五月が難しい局面を作り、後攻の英国に重圧を掛けたのが効いたのです。
だから、日本の実力だったと思います。
おめでとう。
「そだねー」

もう一つ、オリンピックで感動したことがありました。
フィギュアスケートの羽生結弦選手は、ソチ五輪に続いて平昌五輪でも金メダルを獲得し、フィギュア男子66年ぶりの2連覇という偉業を達成しましたね。
しかも彼の行動に感激しました、それは・・・・。


(写真は産経新聞より)

試合後のセレモニーで、日本国旗を受け取った羽生選手と2位の宇野昌磨選手は報道陣のカメラの前へ移動。
しかし、3位のハビエル・フェルナンデス選手にスペイン国旗がまだ用意されていなかったことに気づいた羽生選手は、一度受け取った国旗を戻して記念撮影に応じたのです。
その後、スペイン国旗がフェルナンデス選手の手に渡ると、自身も日の丸を広げ、3人全員で国旗を掲げました。
そういう気遣いができるところもさすがだと思いました。

さらに、羽生選手がリンクを去る際に日の丸に何かを語りかける姿や、ていねいに折りたたむ姿もテレビに映し出されました。
「国旗にありがとうございます」と言ってるのが分かり、感動しました。
国旗をとても丁寧に扱う羽生選手は、『ほんうとに日の丸を背負ってたんだな』と感動しました。

選手の皆さん、ご苦労様でした。






2018年 2月 7日


大雪ですね。
喫茶大工集団 欅はこの様になっています。


でも、国道からの道路は除雪をしてあります。
勿論、お店はオープンしています。

10年ほど前だったでしょうか、この様な大雪になり、まるでかまくらに入っているような生活をしたことがあります。

新聞には国道でも車が立ち往生している記事が載っていました。
先日は能登で凍結のため断水した記事も・・・。
冬になると、しかも大雪だとアレコレありますね。





2018年 1月 30日


ここ数日、毎朝除雪をしています。
現在の積雪は1mほどでしょうか。
勿論、道路には積雪はありません。

大工集団 欅には除雪をするためにショベルドーザーと大型の除雪機があります。
こちらに引っ越してきたときに小さな除雪機を買いました。
間違いでした。
除雪を知らなかったのです。
小型の除雪機では全く使い物になりませんでした。
そこで上下2段の大型の除雪機を購入したのですが、喫茶店を始めたため駐車場と道路の除雪をしなければならなくなり、いくら大型とはいえ除雪機では時間がかかります。
そこでショベルドーザーを購入しました。
除雪機は買い換えて現在の物は3台目です。
雪さえ降らなければこの様なショベルドーザーや除雪機の購入の必要はないのですが・・・。

除雪のほとんどはショベルドーザーで行っているのですが、ショベルドーザーが大きくて入らないところは除雪機を使います。
2・30㎝の雪ならば朝の1時間ほどで店の駐車場と国道までの除雪は完了します。
その他に屋根雪の処理や、倉庫までの除雪をするときは3・4時間かかります。

日記で調べたら、一昨年の12月から昨年の3月までの4ヶ月で除雪回数はたったの4回でした。
今期は昨年の12月と今年の1月だけで19回も除雪しています。
1月だけで13回もしているんですよ。

春になるまでに後何回除雪しなければならないのでしょう。

お客様から雪が降るとヤギたちはどうしているのかとよく聞かれます。
小屋と遊び場のパドックでの生活となります。
運動不足になるので家内が時々散歩に連れ出しています。
今日は店の駐車場まで来ました。


この2頭は牝の弥生と皐月です。
2頭とも子を宿しているのでお腹が大きくなっているのがお分かりでしょうか。





2018年 1月 28日


下の写真は何をしているのでしょう?


実はコレ、今、建築中の『洋菓子 Keyaki』の看板を作っているんです。

できることなら看板は出したくないのですが、そういうわけにもいかず・・・。
ならばどの様な看板にしようかと考えました。
当初はロートアイアン(鉄の鍛造)の看板を考えたのですが、錆びますし・・・。
銅板の叩きだしも考えたのですが、洋菓子にはあわないような気がして・・・。
ガラスのエッチングは大工集団 欅の看板で使ったし・・・。
アクリル系の看板は・・・、作る洋菓子には添加物を入れないのに・・・、そもそもプラスチックは私達には馴染まないんですよね。
大工集団 欅らしい看板といえば木を使った物なのですが、外壁に直接取り付けるので・・・。

そんなことを家内と話していると、とても大工集団 欅らしい素材を思いつきました。
漆喰です。
建物の外壁が漆喰ですから・・・、看板も漆喰で作れば・・・・、となりました。


これは漆喰の板を作り漆喰が絡みつくように紐を取り付けたところです。
先の写真は家内が上記の紐文字に色漆喰を塗り込んでいるところです。
まるで造形作家のようです。
家内は起用なんですよ。

ところで、看板を制作している場所はどこだと思いますか?


倉庫でも作業場でもありません。
ここは住まいのロフトなのです。
このロフトは多用途に使うために造りました。
時には物干し、時には書庫、そして作業場です。
住宅にはこの様な多用途に使える部屋があると便利ですよね。





2018年 1月 14日


イャァー降りましたね、雪が。
10日の水曜日から毎日除雪をしています。


今日は晴れていますが、昨日から降った雪で積雪は1m20cm位になっています。
でも、当地では除雪がしっかりしていますので道路に雪はありません。
国道から喫茶大工集団 欅までは私が除雪をしています。


金沢からのお客様によれば金沢の道路の方が雪があるそうですね。

積雪があると何かと不便です。
大工集団 欅でも現場の仕事をする前に除雪をしなければなりません。
その分、仕事がはかどらなくなります。
郵便配達、宅急便等のお仕事をされている人達も大変ですよね。

さて、もう1月も半ばになりました。
明日は左義長です。
注連飾りをはずさなければなりません。





2018年 1月 8日


今日は成人の日ですね。
でも今日の話題は昨日のことです。

昨日の新聞に「恋の奴隷」「終着駅」などのヒット曲で知られる歌手の奥村チヨさんが今年いっぱいで芸能界を引退すると書かれていました。

別段私は奥村チヨさんのファンでもないのですが、彼女の歌った曲で1曲だけ好きな曲があります。
それは「終着駅」です。


調べてみると1971年の12月25日に発表されていましたから、私の高校2年の時の曲です。
何が好きかといえば歌詞です。
特に2番の歌詞、

♪肩抱く夜風のなぐさめは 忘れる努力の邪魔になる♪

に当時、高校生でしたが、上手い歌詞だな~と感心していました。

作詞は三善英二の「雨」、平浩二の「バスストップ」の千家和也さんです。
この2曲の歌詞もいいですよね。

作曲はこの曲で、作曲家の地位を一躍築いた浜圭介さんです。
彼はこれをきっかけに奥村チヨとも結ばれましたね。

それにしても名曲でした。





2018年 1月 7日


今日、1月7日は「人日(じんじつ)」です。
この日には七草がゆを食べて無病息災を願う風習はおなじみですが、そもそも五節句の1番目で、「人の日」とされているそうで、人を大切にする日でもあるそうです。
「人を大切にする」とはどうゆうことなのでしょう。
友愛、愛情・・・。
言葉はいろいろありますが、私には分かったようで分かっていません。
でも、とにかく、人を大切にしたいものですね。

明日は成人の日です。
写真を前撮りしたのでしょう今朝、友人の娘さんの晴れ姿をラインで送ってきました。
『あの娘さんが成人か・・・』と時の流れを感じています。





2018年 1月 2日


お正月は如何お過ごしでしょうか?
家族団欒で炬燵で年越し蕎麦を召し上がり除夜の鐘の音を聞き、元旦にはお雑煮を召し上がった人も多いのではないでしょうか。

私たちは年末恒例の一連の行動をしました。
28日(木)よりお店と家の大掃除を開始し、今年建築して頂いたお客様宅へ検査を兼ねて年末のご挨拶にお伺いし、大晦日には夕方からお出掛けしました。
帰宅したのは除夜の鐘を聞いてからです。
コレは毎年同じ行動なのです。

以前には年末の29日に職人達と餅つきをしていたのですが、歳をとると億劫になって・・・、止めてしまいました。

お正月ってすることが無いんですよねー。
せいぜいがAmazonビデオでグレイズ・アナトミーを観るくらいで・・・。
そして新しいホームページをこのように書くことしか・・・。

そこで、今年の元旦にはオーディオのチューニングをすることにしました。
毎年、冬になると家内がリビングの模様替えを行います。
ソファーやテーブルを動かし、置物も冬用に変えます。
すると・・・、オーディオをご存じの方はお分かりでしょうが、音が変わるのです。
部屋が変わると、同じオーディオ機器を使って、同じセッティングをしても、同じ音は出ません。
そこで部屋の模様替えをするとオーディオのチューニングをしなければならないのです。
オーディオのチューニングというと、各種のケーブルの交換やインシュレーターの交換などから始まり、下記のような項目を思い浮かべます。
 ■フラッターエコーの対策
 ■定在波の対策
 ■壁面の凹みの対策
 ■天井のハリの対策
 ■一次反射の対策
 ■壁のビビリ対策
上記の項目を見るだけで建物に関係することなので大掛かりなものであることがお分かりいただけると思います。

我が家はログハウスで、しかもフルのログハウスなので、どの部屋も4面の壁はログで凸凹しています。
天井もフラットなところは少なく、傾斜しています。
そのおかげで上記の項目のほとんどはクリアーしています。

いろいろ書きましたが、我が家のオーディオのチューニングはイコライジングのみです。
しかも、我が家では ベリンガー(BEHRINGER)のDEQ2496を使っているためオートイコライジング(AUTO EQ(自動補正))が出来ます。


イコライジングとはすべての帯域をフラットにすることです。
オートイコライジングとはそれを自動でしてくれる機能です。
DEQ2496ではピンクノイズを発生させて、スピーカーより出し、それを測定用のマイクで計測し、へこんでいる帯域をブーストし、出っ張っている帯域を減衰させることで全体域をフラットに近づけてくれます。

ピンクノイズとは「ホワイトノイズ(周波数に無関係に一定の雑音)に-3dB/oct の低域通過フィルタを通したもの」らしいです・・・。
何のことかよく分からないのですが、「-3dB/oct の低域通過フィルタ」を噛ませて発生させるのですから、明らかに高域に行くにつれて減衰していくだろう事は容易に想像がつきます。

音響の測定をするときに、ホワイトノイズではなくて何故ピンクノイズを使うのかというと、人間の耳は周波数帯によって、とても敏感な場所とそうでない場所が存在するからです。

低い周波数では耳の感度は悪くなり、2KHz~5Khzあたりで最も感度が良くなり、それを超えると再び感度が悪くなっていきます。
ですから、音響を測定するときにホワイトノイズを使って特性をフラットにしてしまうと、人間の耳にはとんでもない「ハイ上がり」の音になってしまうのです。
理想としては、この「ラウドネス曲線」に沿ってノイズを発生させればいいのでしょうが、それはさすがに難しいようなので近似的に近い「ピンクノイズ」を使用するわけです。
しかし、それはあくまでも近似的なものですから、ピンクノイズを使ってフラット化しても多少は「ハイ上がり」の音になってしまうことは容易に想像できます。
さらに、聴覚の特性には個人差がありますし加齢によっても変化します。
私も63歳になり、家内から話しかけられていい加減な返事「ああそう」なんて言うと、「耳、悪くなったんじゃない」と言われることがあるようになりました・・・・、コレは違うか。
とにかく、最終的には自分の耳で詰めていく必要があります。

ですから、ピンクノイズを使った自動補正はイコライジングのスタート地点と割り切ることが必要です。
しかし、最初から完全に聴覚にたよって補正するのと、ピンクノイズをベースにしてフラット化した地点から調整にはいるのとでは、調整の困難度という点で雲泥の差があります。
その意味でも、「DEQ2496」を導入した人が真っ先にするのがオートイコライジング(AUTO EQ(自動補正))なのでしょう。





2018年 元旦


新年、明けましておめでとうございます。


皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。
旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、誠にありがとうございました。
本年も何卒、昨年同様のご愛顧をよろしくお願い致します。

尚、喫茶大工集団 欅は1月3日(水)より、大工集団 欅は5日(金)より通常営業いたしております。
また、お目にかかれますことを楽しみにいたしております。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。